債務整理ガイド

債務整理とは?

債務者(お金の融通を受ける側)のお金の融資をする側の債権者に返済している借金を整理することを債務整理と言います。

 

借金返済が遅れてしまうと、利息は発生して借金がどんどん高額になります。

 

また、借金返済のために新たに借り入れをするという堂々巡りにもなります。

 

返済の催促を繰り返し受けることにより、勤務先や家族にまで迷惑が掛かることもあります。

 

解決の方法を見出すことができず、自ら命を絶ったり、行方をくらます人もいます。

 

債務整理というのは、どん底まで堕ちた状態からやり直すために行われるのです。

 

債務整理の基本的な目的は、借金の金額を減らして簡単に返済できるようにすることです。

 

実際には、課せられている利息や返済方法関連の中身を改める必要があります。

 

利息については、利息制限法で定められた計算を行い、利息の金額を減少させます。

 

そして利息の過払い分が見られれば、元金返済に回す手段もあるのです。

 

これ以外にも債権者を相手に法律や制度を基にして様々な交渉を進めます。

 

債務整理を済ませると、利息の負担が軽くなったり、元金が減免されたりします。

 

また、返済期間が延長され、1回の返済金額が少なくなり、借金の完済に近づくことができます。

 

債務整理の良い面は、手続きの開始と同じタイミングで債権者からの取立てをやめさせられることです。

 

電話や訪問での取立てに困窮を極めていた毎日から脱却し、生活を改めることができます。

 

債務整理を紐解くと、個人再生、任意整理、特定調停、自己破産の4つに分けられているのです。

 

借り入れの全額や種類、返済能力を備えているかどうかなどを確かめて、ベストな整理手続きをします。

 

なお、債務整理を行うと、信用情報機関に事故情報として備えられることになります。

 

そのため、債務整理後の約5〜7年間は、本人名義でのローンが組めません。

 

 


一人で悩まないで

電車内、駅構内、インターネット上などには、債務整理の広告が掲載されています。

 

ですが、借金やローンの返済トラブルを抱えていても、自分だけで苦しんでいる人は少なくないと言われています。

 

個人の秘密を暴露するような真似は避けたいという人の他にも、激しく叱られることを避けたいという人もいます。

 

また、弁護士と聞くと高額報酬に思われる傾向があり、費用が気掛かりになる人もいます。

 

とはいえ、相談を持ちかけずにいると、借金を増長させることになりますし、返済の催促がやむこともありません。

 

債務整理を考えるならば、なるべく急いで弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

 

専門家に頼ると、書類作成や必要手続きの他にも債権者相手の交渉までしてもらえるのです。

 

また、債務整理の受任通知によって、債権者の催促に悩まされる日々から脱け出すことができます。

 

家庭に飽き足らず勤務先にまで催促の連絡がくる状況から脱却できます。

 

債務整理の相談の中身は、電話やメールなど決められた方法で置かれている状態を話すところがスタート地点です。

 

その後は、資料の収集を行い、面談の形で相談に乗ってもらいます。

 

支度する資料は、借用書に限らず、返済をしたときの領収書や口座自動振替を証明できる通帳などです。

 

借り入れ先をリスト化したものや催促通知などもできれば取得しておきましょう。

 

かなり追い込まれていたとしても、一呼吸おいてからひとつひとつ相談材料の用意を進めましょう。

 

敷居の高いイメージがある費用ですが、相談料を初回のみ請求しない場合もあるようです。

 

依頼料に関して、解決できてからの分割払いに定めているところもあります。

 

経過報告や費用などの踏み込んだ話は、依頼の契約を終える前に知っておくべきでしょう。

 

返済トラブルの相談窓口は、各地の司法書士団体や自治体などにも存在します。

 

専門家に話を聞き入れてもらうと、気持ちが鎮まります。

 

そのため、深く考えずに相談をするのが良いでしょう。