債務整理ガイド

任意整理について

借入件数、トータルの借金が少なければ、任意整理が最適と言えるでしょう。

 

和解実現のための交渉や手続きを、裁判所が携わらない形で行うのが任意整理の方法です。

 

債務者の自分だけで推し進めていくこともできなくはありませんが、手続きや交渉は極めて煩雑です。

 

このため、任意整理は大抵の場合、弁護士や司法書士に力を貸してもらいながら進められます。

 

任意整理の場合は、返済の回数や利息を整えることによって、返済の負担が重くならないようにします。

 

利息のカットのことは、引き直し計算という利息制限法に沿った計算方法をします。

 

この計算は、これまで支払った利息分も入れて行うことが可能です。

 

利息の支払い過ぎが生じたときは、過払い利息を元金の返済に充当することを良しとさせるための交渉を実行します。

 

法律家を通じて解決を目指す任意整理の場合、下記のような魅力が存在しています。

 

煩雑な書類の作成や、裁判所に出頭することなどは求められません。

 

弁護士や司法書士と依頼契約を締結すると、債権者に債務整理の受任通知が届けられます。

 

受任通知の中身には、「これからは弁護士や司法書士を通じて連絡を行ってください」といった雰囲気で書かれます。

 

受任通知が行き届いてからは、債務者本人への直接請求や取り立てが抑えられます。

 

受任通知を債権者が受け取ったら、債務者本人に対しての請求や取り立てがストップします。

 

交渉は弁護士や司法書士が済ませるので、債務者の同席は要求されません。

 

債務整理がどれだけ捗っているか、どのような交渉を進めているのかは、随時知らせてもらうことができます。

 

交渉の決着がついて、返済計画が出来上がると、債務整理は達成されます。

 

それ以降、返済計画に則って借金の返済を継続すると、3~5年で借金の返済が終わります。

 

なお、弁護士や司法書士のサポートを受けるには、依頼費用が求められます。

 

費用の詳細は、相談料、交渉の実費、解決料などがあります。

 

 

【関連サイト】

 

モビットの魅力の1つとしてあげられるのがスピーディーな手続き!仮審査は10秒ほどで、本審査は最短30分で結果が出ます。土日祝日は混雑しているときがありますので注意しましょう!


任意整理について関連ページ

特定調停について
自己破産とは?